不動産投資は、堅実な資産形成方法として人気があります。様々なやり方がありますが、マンションを購入し、その賃貸収入から利益を得る方法があります。
もしも投資用として、マンションを買うなら、思い切って一棟全てを購入するべきなのか、それとも一部分だけを所有するやり方が賢いのか、それぞれのメリット、デメリットを紹介します。
一棟所有をするメリットは、契約や経費面での節約が大きい点です。部分的な購入を選択すると、それぞれに部屋ごとに応じた契約が必要となります。不動産の契約には公的な書類を作成しなくてはいけませんので、その諸費用が余計にかかることにになります。デメリットは、空き部屋が出る可能性があることです。よほど人気の物件ではない限り、全室満室をキープするのは簡単ではありません。
区分所有をするメリットは、人気のありそうな部屋だけをピンポイントで購入できることです。上層階や角部屋など、家賃を高く設定できる部屋を狙うと入居率も高く、確実に収益が挙げられます。デメリットは、契や管理に手間と費用がかかることです。収益性の高い物件だけを狙っていくつも所有している方がいらっししゃいますが、管理が大変ですし、それに関連する費用も多くかかってしまいます。日食