少子高齢化に伴って、年金の支給額や老後の不安も年々増えてきています。そこで老後の収入源として資産運用への関心が高まっています。資産運用の一つとして注目されているのが、マンション経営です。入居者がいれば、毎月確実な利益をあげることができることができるので、私用年金として老後の不安を減らすことも可能です。やはり始めるのに資金がかかる、税金や法律の手続きが難しそう、といった印象がありますが、実際にはマンション一棟の一部屋から運用することができるのです。その他の利点として、節税対策や、生命保険代わりになること等もあげられます。

 

 

例えば、運用に必要な経費が家賃収入を上回った場合、確定申告をすれば、所得税の還元を受けられます。また、マンションをローンで購入した場合、生命保険に加入することになり、もしもローン返済中に死亡した際には、ローンの残りは保険から支払われます。この際、残されたご家族に返済の責任はありません。もちろん、賃貸として貸している部屋が、空室になってしまった際には利益が生まれませんので、いつでもローン返済のリスクは伴います。しかし、うまく運用ができれば、長期的に安定した収入を得ることができ、老後に運用利益にて生活することも可能なのです。